幼児英語の教え方




幼児英語を楽しく学ばせるというと、「わたしにできるかなぁ」と不安になる親も多いでしょう。
逆に、子ども英語を学ばせるために頑張り過ぎるお母さんも少なくありません。

しかし、「子ども英語を学ばせる」ということを難しく考えず「親子遊びの一貫」と考えるのはどうでしょうか。

毎日子供に絵本を読んでいるお母さんは、絵本を英語の絵本に変えてあげるだけでいいのです。
また、TVの時間に一緒に英語のDVDをみたりすればいいのです。

少しだけ気持ちを楽にして、幼児英語教育に取り組みましょう。

子どもにとって、いつもの遊びを英語に変えただけで良い刺激になります。
英語に慣れるまでは、少しづつでも毎日触れ合っていきましょう。

英語に慣れてきたら、簡単な英語を親子の会話に取り入れるのもいいですね。
例えば「グッドモーニング」という朝の挨拶や、「アップル」などの簡単な単語を会話に取り入れればいいのです。

カードリーダーがあるご家庭では、10分でも子どもと一緒に楽しむと、もっと幅が広がります。
毎日続けることで、子どもはお母さんとの遊びを楽しみながら、自然と英語に触れ合っていきます。

どの英語教材を見ても、「短時間でも親子一緒に取組むことが重要」とされています。
教材によって進め方が違うので、教材を揃えた人は、親用のサポート本を確認してみましょう。

子どもも親も無理をせず、楽しみながら英語と触れ合ってください。
もっと知りたいなら⇒語学ブログランキング


幼児英語を教材や教室以外で学ぶ方法




幼児英語教育は、今では殆ど当たり前とされています。
教材や教室をインターネット検索すると、非常に多くの教材や教室を探せます。
しかし、教材や教室以外に、幼児英語を学ぶ方法はないのでしょうか?

幼児英語で重要視されているのは、「楽しみながら英語と触れ合う」ということです。
よく知られている教材や教室以外で、楽しみながら英語を学ぶ方法をご紹介します。

『テレビ番組』があります。
幼児英語を学べる人気テレビ番組と言えば、「えいごであそぼ」です。
幼児英語教材や教室の授業に負けないくらい、「えいごであそぼ」の内容は充実しています。
1つの単語を、文章や他の単語やストーリーと組み合わせているので、わかりやすくなっています。
15分間というちょうどよい時間なので、子どもが集中できます。
歌も、子どもが好きな食べ物や動物などを使って、子どもたちが歌いやすくなっています。

幼児英語サイト』もあります。
ゲームができて、とても充実しています。
親子で発音を真似しながら楽しむとよいでしょう。
もっと知りたいなら⇒語学ブログランキング


幼児英語を教材や教室以外で楽しむ方法




英語を楽しみながら学ぶ方法に、『親子留学』があります。
最近の新しい幼児英語の楽しみ方として浮上してきたのが、親子留学なのです。

今までも親子留学があったことはあったのですが、手続きが難しかったので現実的ではありませんでした。
ここ数年で、親子留学を実施する旅行会社が増えてきました。
安全に、そして手軽に、海外留学できるようになりました。

親子留学の期間は1週間程の短期から長期まで、自由に選ぶことができます。
現地には日本人スタッフも滞在しているので安心です。
また、ママは語学学校に、子どもは現地の幼稚園や保育園に通うコースもあります。

英語にも日本と同じようにその地域独特の訛りがありますから、訛り体験も留学の醍醐味ですね。
留学先は、いろいろ選べます。
アメリカ、ハワイ、オーストラリア、フィジーなどが多いようです。

親子留学の値段は留学期間や国によって異なりますので、幾つかの旅行会社に資料請求してみましょう。
もっと知りたいなら⇒語学ブログランキング


幼児英語でコミュニケーション能力向上




幼児英語コミュニケーション能力がアップするというのは本当でしょうか?

現代日本人は、コミュニケーション能力が不足していると言われています。
確かに、日本の都会の生活では、「隣人が何をしている人か知らない」「自分の意見を言えない」という人が多いようです。
情報を整理して自分の気持ちを伝えるコミュニケーション能力が不足しているためだと考えられています。

コミュニケーション能力の不足は子どもたちにも影響しているようです。
子どもたちの読解力が、2000年からのたった3年間で、世界8位から14位になってしまったのです。
今の子どもたちが大人になる時代には、グローバル社会になると言われています。
しかし、今のままではどのように外人と接すればいいのかわかりませんね。

コミュニケーション能力向上に必要なのが『コミュニケーションスキル』と言われています。
それをサポートする能力は『グローバルマインド』と『新しい知性』です。
『グローバルマインド』とは、自然に他人と関わったり、他人の意見を受け止めていける広い心を持つこと。
『新しい知性』とは、相手の気持ちを感じたり、自分の意見をうまく表現できること。
コミュニケーションスキル』とは、自信を持って英語を話せることです。
コミュニケーションスキル』は、『グローバルマインド』と『新しい知性』があってこそ活用できるのです。
誰かと会話する時に自分の気持ちを伝えられなければ、英語を話せても意味がありませんものね。

幼児英語の教材は、人との関わりに役立つスキルを教材にうまく取り入れて活かす工夫がされています。
子供のコミュニケーション能力を伸ばすためにも、教材だけではなくパパやママと接することも大切です。
教材を上手に使って、親子のコミュニケーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

幼児英語のメリット




幼児期には、わからないことに対してストレスではなく興味を持てる時期です。
この幼児期を利用して学習する習い事の一つが、幼児英語です。

幼児英語にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

@ 親が英語に親しむと、子どもも意欲的に楽しむ。

A 幼児期には英語が頭にスムーズに入りやすい。

B 幼児のうちに英語を学ぶとコミュニケーション能力が発達する。

C 日本語(母国語)を表現する能力が発達する。
今日の日本では、母国語をうまく表現できない人が増えています。
このままではグローバル社会になる時代に、外国人と関わるのが難しいと考えられています。
母国語で自分の意見を言う表現力を持つことは大切です。

D 幼児期には英語を自然に聞き分ける力が育つ時期である。
この時期には、DVDやCDで色々な発音を聞いて自然に英語を聞き分ける力がつきます。

このように、多くの優れた能力を持っている幼児期
何もしないで過ごすより、幼児期にしかないメリットを利用して幼児英語に活かしてみたいものです。
親も子どもと一緒に学び、楽しむことで、英語を身近に感じることができますね。
子どもとの遊びの一環として英語を学ぶのもいいかもしれません。

幼児英語の勧誘




幼児英語が子どもに良い影響を与えることは、よく知られています。
そのため多くの親たちが、わが子が楽しく学べる英語教材を探して、資料請求や無料体験を利用しているのです。
さて、そこで困ってしまうのが『英語教材勧誘』です。

英語教材勧誘に迷惑している親は沢山います。
もちろん、商品に自信を持って勧誘している会社もたくさんあるでしょう。
しかし、断っても家に訪問してまで話を聞かされたりする場合もあるそうです。

勧誘電話だけではなく、スーパーのくじびきでも「幼児英語が無料で学べる」というのがあります。
嬉しい特典と思うかもしれませんが、結局は勧誘だったという話もあります。

勧誘を断る場合には、「結構です」とキッパリ断わりましょう。
勧誘をする人は、何とか少しでも教材を説明しようと必死です。
こちらが迷っているのがわかると、すかさず説明をしてきます。
断ってもしつこく話をしようとするなら、会社に苦情の電話をかけましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。