幼児英語で学ぶ『フォニックス』とは




幼児英語の中で、『フォニックス』を取り入れた英語教材がとても人気です。

フォニックスとは、アメリカで英語を初めて学ぶ人向けの指導法です。
英語を使う国の子どもは、まずフォニックスから習います。
簡単に説明すると、英語を母国語とする子どもが絵本を読めるようになるための指導法というわけです。

日本では、「あいうえお、かきくけこ、…」と五十音があります。
五十音を単語にしても、日本語では発音は変わりません。
英語では、「ABC…」をアルファベット表では「エー、ビー、シー、…」と読みますが、単語になると発音が変わります。

【APPLE】を【アップル】と発音するように、英語はアルファベットを覚えただけでは読めないのです。
 (もちろん、アルファベットと同じ発音をする単語もあります)
上の単語では、「A」は「エー」ではなく「ア」と発音します。
それで、英語を使う国の子どもは、まずフォニックスから習います。

フォニックスは、日本では、カタカナに頼らないで英語を読めるようなるために注目されています。
フォニックスで習った発音を覚えていれば、簡単に単語が読めたり書けたりします。

教材では、どのように教えているのでしょうか。
気になりますよね。

フォニックス教材のDVDでは、歌の間に1つのアルファベットを細かく紹介しています。
まず、アルファベット文字の読み方を教えてくれます。
その後、英語で正しい発音を教え、そこから単語や文章を作り出して繰り返し教えてくれます。
それに可愛い絵やデザインが加わり、子どもを飽きさせません。
発音を自然に覚えられるので、発音を真似するようになるでしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77249251
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。