幼児英語でコミュニケーション能力向上




幼児英語コミュニケーション能力がアップするというのは本当でしょうか?

現代日本人は、コミュニケーション能力が不足していると言われています。
確かに、日本の都会の生活では、「隣人が何をしている人か知らない」「自分の意見を言えない」という人が多いようです。
情報を整理して自分の気持ちを伝えるコミュニケーション能力が不足しているためだと考えられています。

コミュニケーション能力の不足は子どもたちにも影響しているようです。
子どもたちの読解力が、2000年からのたった3年間で、世界8位から14位になってしまったのです。
今の子どもたちが大人になる時代には、グローバル社会になると言われています。
しかし、今のままではどのように外人と接すればいいのかわかりませんね。

コミュニケーション能力向上に必要なのが『コミュニケーションスキル』と言われています。
それをサポートする能力は『グローバルマインド』と『新しい知性』です。
『グローバルマインド』とは、自然に他人と関わったり、他人の意見を受け止めていける広い心を持つこと。
『新しい知性』とは、相手の気持ちを感じたり、自分の意見をうまく表現できること。
コミュニケーションスキル』とは、自信を持って英語を話せることです。
コミュニケーションスキル』は、『グローバルマインド』と『新しい知性』があってこそ活用できるのです。
誰かと会話する時に自分の気持ちを伝えられなければ、英語を話せても意味がありませんものね。

幼児英語の教材は、人との関わりに役立つスキルを教材にうまく取り入れて活かす工夫がされています。
子供のコミュニケーション能力を伸ばすためにも、教材だけではなくパパやママと接することも大切です。
教材を上手に使って、親子のコミュニケーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76558204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。