学研の英語教材 『First English』




幼児英語教材の中でも、高価ですが長く使えてお得だと評判なのが学研の『First English』です。
「学習のたびに発見がある」「疑問がとける」という声が多く、子どもの英語教育にはピッタリの商品です。

学研の『First English』にはどのような教材があるのか、ご紹介します。

【デジタルトーキングカード】は、高音質を重視していてとても聞き取り易くなっています。
【リスニングカード】に747枚あり、一般的な英単語や英会話だけでなく、歌や物語まで入っています。
クイズに答えたり、発音などを録音する機能もついています。
英文を聞き取れない場合でも、スロー再生機能が付いているので大丈夫です。
大人も子どもも学べる教材です。

他には、子どもの日常生活の中に英単語やお話を加えて紹介するビデオや物語を収録した【DVD】と【絵本】があります。
ママたちが子どもの質問に答えられるように、【サポートブック】がついているのが嬉しいですね。

学研の『First English』で一番のおススメは、【英語辞典】です。
この英語辞典では、日常会話で使う単語を5分野に分けて見られるようになっています。
辞典をひくことによって、実践的な英語が身につくと言われています。

『First English』は、無料でお試しができます。
気になった方は、一度お試しからはじめてみてはいかがでしょう。

http://www.pe-english.com/index.html
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76556991
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。